からだの面白さ、不思議さに気付くだけで、からだは楽になっていきます。解剖学、生理学、脳科学、東洋医学、長生医学、武術、ボディワークからみえる「からだの仕組み」を使って、治療を行います。症状を読み解き改善するだけでなく、やりたいことを楽しめる身体を。

ブログ

神経細胞の情報伝達は電気信号によらないかも、という新説あらわる

 「神経細胞の情報伝達は電気信号で行われる」という神経科学の大前提をひっくり返すかもしれない研究が現れました。  そもそもは、こども科学電話相談の名物回答者で恐竜研究者の星、小林快次先生(通称ダイナソー小林)のインタビュ …

症例:対人恐怖? トラウマ? 人と話す時に緊張してうまく話せなくなる

本日はちょっと珍しい症例です。 どう珍しいかというと、こういう症状で普通は治療院に行こうとは思わないのでは、と思われるからです。 ご本人の主訴は、「対人恐怖症」。 人と会話しなければならない時に、しばしば呼吸が苦しくなり …

症例:顎の痛み→顎、首、肩、腕も効果イマイチ→犯人は◯◯筋でした

季節の変わり目に増える顎の症状。 「ああっ、もう少し注意していれば、一回で治せたんじゃないか」 ……という懺悔もこめた症例です。 患者: 30代女性(デザイナー) 主訴: 顎の開け閉めの際に、顎の左側から中央にかけてが痛 …

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。 昭和50年代生まれの私が10代の頃に触れた小説、マンガ、映画で描かれていた 近未来はだいたい2000年〜2015年あたりが舞台で、2018年などという数字を 見るととんでもなく未来に …

一脚椅子で楽しく座る

  『ナリワイをつくる』『フルサトをつくる』の著者、 伊藤洋志さんが関わる新たなプロジェクト 「スクラップ装飾社」で生み出された廃材利用アイテム 「一脚椅子」。   そのあまりにも潔く、かつ、大雑把なデザインに ときめい …

吸玉による発毛促進/ハゲの治療の可能性

 ほぼ毎週、メンテナンス目的でお越しになる患者さんがおられます。  かなり肉体も頭脳も酷使するお仕事で、疲労回復しやすくするために、手技療法と吸玉療法を併用しています。 ※吸玉療法というのは、吸玉と呼ばれるカップを、中の …

漫画家の「振幅上達理論」と我がブレまくりの日々

振幅上達理論と手技療法  『銃夢』シリーズで有名な漫画家の木城ゆきとさんが、絵の上達について唱えた理論で、「振幅上達理論」というものがありました。  極太で書きこみ少なめのダイナミックなペンタッチと、書きこみ多めの繊細な …

脳はひきこもり

「あやしい技」が効くカラクリはどこに?  いろいろな手技療法を勉強・実践する中で、傷む箇所に何をしても消えない慢性の痛みや、どこに原因があるともわからない慢性疾患などが、患部から遠く離れた部位に対する、触れる程度の軽い刺 …

[読書]「見えない世界」についての本? 『空のささやき、鳥のうた』

 「見えない世界」についての本である、と私は受け取りました。それは何も、気やら霊やらの話ではなく。我々が「見ているつもりになっているが、意識にのぼらせることもないままに認知バイアスの陰で消してしまっている世界」についての …

「散漫力」を鍛えよう

集中力の有無というモノサシに、疑問を呈したいのです。   「集中力が無い」と言われている人でも「集中の対象が くるくる変わるだけで、一瞬一瞬はメチャクチャ集中」 していたりするし、だからこそ周囲の状況の変化を 掴んで、大 …

1 2 3 6 »
PAGETOP
Copyright © 山田治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.